57年ぶりの新種 タニガワナマズを展示
|尾張街ナビ!トップページ|
「尾張街ナビ」は、尾張地区にある中日新聞販売店(尾張中日会)が協同で運営する情報発信サイトです。
サンクスキャンペーン 中日新聞 お引越キャンペーン

57年ぶりの新種 タニガワナマズを展示

日本で4種目、57年ぶりに新種と同定されたナマズの仲間「タニガワナマズ」が犬山里山学センター=犬山市塔野地大畔364―2=で展示されています。入館無料。今年8月16日付の国際学術誌「Zootaxa」に掲載された標準和名タニガワナマズ、学名 Silurus tomodai(シルルス・トモダイ)で、日本各地に生息するナマズと、琵琶湖・淀川水系の固有種のビワコオオナマズ、イワトコナマズに加えて今回新種と認定されました。

投稿日:2018年09月10日|尾北ホームニュース,犬山市
»|«