懐かしい道具を展示 犬山里山学センター
|尾張街ナビ!トップページ|
「尾張街ナビ」は、尾張地区にある中日新聞販売店(尾張中日会)が協同で運営する情報発信サイトです。
中日新聞販売店の求人情報サイト サンクスキャンペーン 中日新聞 お引越キャンペーン
おすすめ防災グッズ みまもーる

懐かしい道具を展示 犬山里山学センター

犬山市塔野地の犬山里山学センターで、昔の民具を展示する「用と美、里山工芸民具展」が12月27日まで開催されています。展示品は同市体育館の倉庫に保管されていたもので、実際に同市内で使用されていた道具とのことです。太平洋戦争前まで、尾張地方では養蚕が盛んに行われていました。カイコの繭から絹糸を生産するための道具の展示は、繭の外側を包む綿毛を取り除く「はが取り機」。「糸繰り機」は、台にある鍋で繭をゆっくり煮て、柔らかくなった繭の表面から糸口を引き出し、上部にある糸枠(小枠)に巻き取ります。ほかにも糸をよるのに使った糸車などの養蚕の道具。田畑で着る「みの」や「田の草取り機」。脱殼機の千歯こぎ、脱穀したもみ、麦、大豆などに混入するわらくず、ごみ、未熟粒の選別や玄米中のくず米の除去にも使用された「とうみ」。わらじ作り道具やわらで作ったびくなど、懐かしい道具の展示となっています。※月曜休館。

投稿日:2011年11月25日|尾北ホームニュース,犬山市
»|«
Cチケット
地域別ニュース一覧
ホームニュース記事一覧
月別アーカイブ
2024年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829