「まるで油絵」革工芸 せとしん效範支店で展示
|尾張街ナビ!トップページ|
「尾張街ナビ」は、尾張地区にある中日新聞販売店(尾張中日会)が協同で運営する情報発信サイトです。
サンクスキャンペーン 中日新聞 お引越キャンペーン

「まるで油絵」革工芸 せとしん效範支店で展示

 瀬戸市北山町の仁科康子さん(79)の革工芸作品の個展が、瀬戸信用金庫效範出張所=同町=で、9月22日まで開かれています。

 出展作品はすべて額入りで、花や馬をモチーフにしたものや風景を描いたもの合わせて13点。岩肌の立体感や、滝の流れる様子、花びらの柔らかさを1枚の革で表現しています。まるで油絵のような重厚さのある力作が並びます。

 着物を染めていた母親の勧めで、革を染めることに興味を持ち工芸作品を作るようになったのは50年以上前。「そのころ貴重品だった“革”という素材にとても魅力を感じました」。

 “絵画”のほか、小物やバッグ、ベルトなどこれまで制作してきた作品は数え切れません。瀬戸中日文化センターで講師を務めた経験もあり、現在は県内と岐阜県の中日文化センターなどで教室を開く「くちなし会」を主宰しています。

»|«